水道管の凍結予防と対策方法!破裂した場合はどうすればいい?

繰り返される水道管の凍結に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。水道管の凍結を放置しておくと水が出なくなるだけではなく、水道管の破裂に繋がる可能性もあるので注意が必要です。とくに雪が多い地域にお住まいの方は凍結の予防が欠かせません。

そこで本記事では、水道管凍結の対処法や凍結を防ぐ方法、水道管が破裂したときの処置方法などを解説していきます。水道管凍結の悩み解消に、ぜひお役立てください。

熱湯をかけるのは危険!水道管が凍結したときの対処法を紹介

水道管は気温が氷点下になるなどの原因で凍結してしまうことがあります。寒さが続く日に水の出が悪くなったり、水が出るまでに時間がかかったりしたら、水道管凍結の前兆と考えた方がいいでしょう。
ただし、水が出ないからといって何度も蛇口を捻ると、蛇口内のゴムパッキンが破損してしまう可能性があるので気をつけてください。ゴムパッキン破損すると水が止まらなくなってしまいます。

水道管の凍結する場所や条件は決まっている

水道管の「凍結しやすい場所」はある程度決まっているので覚えておきましょう。

・戸外や北向きの日陰にある水道管
・北側の水回り
・水道管がむき出しになっている場所
・風当たりの強い場所

なお、気温がマイナス4度を下回ると水道管の凍結や破裂が発生しやすくなります。天気予報などで翌日の最低気温を確認しておけば、事前の対策も可能です。気温の低い日が続く場合は、定期的に「凍結しやすい場所」をチェックするといいでしょう。

水道管凍結の対処方法はこちら

水道管の凍結を発見した場合は、凍結している箇所に布やタオルなどをかぶせてから、ぬるま湯をゆっくりとかけて溶かします。急いで熱湯をかけると、水道管内の熱膨張によって破裂する恐れがあるので注意が必要です。

もし、ぬるま湯をかけても水が出ないときは蛇口を開けたままにせず、必ず閉めてから溶けるのを待ちましょう。

水道管を凍結させない予防法3つ

水道管を凍結させないための予防法を3つご紹介します。どれも難しい方法ではないので、凍結に悩んでいる方はぜひ実行してみてください。

その1:防寒材や保温材を取り付ける

むきだしになっている水道管の凍結予防に有効な方法です。専用の保温材が無い場合は、古い毛布などを水道管に巻き付け、ビニールテープで固定します。なお、メーターのボックスに毛布やタオルを入れるとメーターの凍結防止になるので、あわせて対策をしておきましょう。

その2:少量の水を出しておく

就寝前に少量(糸の細さが目安)の水を蛇口から出しておく方法です。少量ながらも水が常に流れているので、水道管の凍結を防げます。ただし、この方法は水道料金がかかるので、出した水をバケツなどに溜めておいて、あとで洗濯や掃除などに利用するようにしましょう。

その3:水抜きをする

水道管内に水がなくなれば、凍結するリスクも減少します。水道やボイラーなどに付いている「止水栓」や「水抜栓」を利用して水抜き作業をしておきましょう。
寒さが激しい北国では、自動的に水抜きができる「電動水抜操作盤」が設置されていることもあるのでチェックしてみてください。

・関東にお住まいの方の対策

比較的寒さの厳しくない関東以西にお住まいの方は、予防法1と2を行うだけでも効果的です。一度、水道管が凍結してしまうと蛇口から水がでなくなるだけではなく、トイレ・洗濯・炊事といった生活のあらゆる面に支障が出てきます。予防は簡単にできますので、しっかりと水道管の凍結対策を行っておきましょう。

 

最悪の場合、水道管の凍結が原因で破裂することも

水道管の凍結を放置しておくと、管内の氷が膨張して水道管の破裂を招きます。そこで、水道管が破裂した場合の対処法も覚えておきましょう。

水道管が破裂した場合の対処法

水道管が破裂した場合は、まず、メーターボックス内にある「メーターバルブ」を右回りに閉めて完全に水を止めます。ハンドルがオレンジ色のタイプは半開きにすると水が噴き出すので必ず「全閉」にしてください。
メーターボックスの場所がわからない場合や、雪の下にボックスが埋まってしまった場合は、破裂している箇所に布やテープなどを巻き付けるなどの応急処置をほどこしましょう。水が止まったら、できるだけ早く「指定給水装置工事事業者」に修理の依頼をしてください。もし、指定給水装置工事事業者がわからない場合は、水道局に問い合わせると教えてくれます。
対処をしても水が止まらない場合は、溢れだした水が路面の凍結を引き起こす可能性があるので、早急な対処が必要になります。

気温がマイナス4度以下の日は、業者に修理の依頼が殺到して即日対応できないこともあるので、対処方法を覚えておくと、いざというときに役立つはずです。
しかし、正しい対処をしなければ、状況がさらに悪化して多額の修理費用が発生することにもなりかねません。対処方法に不安がある場合は自分でなんとかしようとせず、専門業者に依頼してください。

まとめ

今回は、水道管を凍結させないための予防法や凍結した際の簡単な対処法をご紹介させていただきました。

氷点下の気温が続くと水道管が凍結することがあります。水道管が凍結してしまった場合は、凍結箇所にぬるま湯をゆっくりとかけて対処してください。熱湯をかけると水道管が破裂する恐れがあるので危険です。水道管の凍結を防ぐ方法もあるので、覚えておくと役立つでしょう。
水道管の凍結を放置しておくと水道管の破裂に繋がるので、早急な対処が必要です。水道管が破裂してしまった場合は、メーターバルブを全閉するなどの処置をしたうえで、できるだけ早く指定の事業者に修理を依頼してください。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧