水道管の老朽化を放置すると危険!取替費用の相場や補助金は?

水の供給に欠かせない水道管ですが、普段はなかなか目にすることがないので老朽化によるトラブルを事前に防ぐのは大変です。実際、水道管の老朽化が気になっているという方も多いのではないでしょうか。

水道管の老朽化を放置しておくと、水漏れや破裂などの被害を引き起こす可能性もあるので注意しなければいけません

そこで本記事では、主に以下について詳しくご紹介します。

・老朽化した水道管のリスク
・水道管の耐用年数(寿命)
・老朽化した水道管の取替工事費用

水道管の取替工事を依頼する業者や、工費に対する補助金についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

老朽化した水道管のリスク

水道管は、使われている素材によって安全に使用できる「耐用年数」が決まっています。耐用年数とは水道管の寿命のようなものです。

耐用年数が過ぎて老朽化した水道管を放置しておくと、破裂や水漏れ、水道管内の錆びや詰まりなどが起こります。

目に見えない箇所の破裂や水漏れは修理の規模が大きく、費用も高額になりがちです。経年による劣化は避けられないので、早めに交換を検討しましょう。

水道管の耐用年数(寿命)はどのぐらい?

水道管の寿命は何年ぐらいなのでしょうか。水道管に使われている素材別の耐用年数を見てみましょう。

水道管の素材耐用年数
耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管30年
架橋ポリエチレン管30年以上
鉄管(鉛管)15〜20年

近年よく使われているのが、耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管や架橋ポリエチレン管といった樹脂製の管です。いずれも長期間の使用に耐えられる素材ですが、家の水道管の施工をして30年程度経過している場合は、交換を視野に入れた点検を考えてみてください。

また、水道管に使われている素材の中でも、「鉛管(えんかん)」は、樹脂製の管が普及する1940年代まで使われていた古いタイプの水道管です。すでに使用は禁止されていますが、今でも設置されている家庭は少なくありません。鉛管は耐用年数を過ぎているので、できるだけ早く新しい水道管に交換してください。

老朽化した水道管を放置すると

老朽化した水道管は、さまざまなトラブルの原因になります。ここでは、その被害の事例を紹介します。

・サビの発生

水道管の素材によっては、腐食した水道管内にサビが発生することがあります。蛇口を捻って赤い水が出たら要注意です。管内に溜まったサビが水の流れを妨げるようになると、水の出が悪くなったり、水が出なくなったりします。

・腐食やひび割れによる水漏れ

水道管の老朽化はひび割れによる水漏れも起こします。地中に埋められている水道管は水漏れ箇所の特定が難しいので、ひび割れが生じる前に交換しておきたいところです。

・ボトルの緩みによる水漏れ

水道管の老朽化が進むと、水道管同士を繋いでいるボトルが緩んで水漏れを起こすことがあります。

・水道管の破裂

冬季などに老朽化した水道管が凍結すると、破裂する恐れがあります。

・水漏れによる二次被害

水道管の破損や破裂による水漏れ被害が床下まで及ぶと、床下が腐食して家屋が劣化したり、湿気を好むシロアリやカビの発生元になったります。最悪の場合、漏電事故による火災などの恐ろしい二次被害につながることもあります。

水道管が老朽化したら取替工事を依頼しよう

老朽化した水道管のトラブルは素人が外から見てもわからないので、老朽化が気になる方は、まず専門の業者に点検を依頼してください。

・取替工事の費用は誰が負担するの?

水道管は公道の下に埋められ、そこから各家庭に分岐しているので、水道管の管理者も「自治体」と「各家庭」にわかれます。

一般的には、公道の下に埋められた部分が自治体、宅地内の配管は各家庭が管理します。ただし、工事費用の負担割合は自治体や水道管の設置状況によっては変わるので、迷ったときには居住している自治体に相談しましょう。

・老朽化した水道管取替工事の費用

自宅の敷地内で交換工事をする場合、約40~50万円が費用の相場になります。取替工事を依頼するときには数社から相見積りを取って、必ず各社の費用を比較してください。

水道管の取替工事に対して補助金を交付している自治体もあります。補助金の交付条件は自治体によって異なるので確認してみてください。ただし、交付される補助金には上限があるので、全額の補助は難しいと思ったほうがいいでしょう。

まとめ

水道管の耐用年数は素材によって決められているので経年劣化は避けられません。耐用年数を過ぎて老朽化した水道管を放置しておくとサビや詰まりが発生するだけではなく、ひび割れなどによる水漏れを引き起こします。水漏れは修理費用が高くなるため、早めの取替工事が必要です。

また、鉛管などの金属製の管を使用している場合は、すでに耐用年数を過ぎているので早急な交換をおすすめします。

水道管の取替工事にかかる費用相場は、おおよそ40~50万円です。工費に対して補助金を交付している自治体もあるので確認してみてください。

老朽化した水道管が引き起こす、思わぬ被害を防ぐためにも早めの点検と交換を専門業者に依頼しましょう。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧