シロアリ被害の兆候は?被害の見分け方を今すぐチェックしよう!

シロアリ被害は深刻なので、シロアリが発生する兆候をとらえて被害を最小限に抑えなければいけません。シロアリを放置しておくと、建物の耐震性が低下して、震災時に倒壊のリスクが高くなります。

そこで今回は、シロアリ被害に遭いやすい場所や被害の兆候を見分けるポイントをご紹介していきます。シロアリ被害を防ぐ方法や費用についても詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

シロアリ被害は深刻です

シロアリの被害はとても深刻です。被害を受けた建物は土台や柱が食害によってボロボロになってしまうため、建物に歪みが生じてしまいます。歪みによって耐震性が低下した建物は、最悪の場合、地震などの自然災害で倒壊してしまうこともあるのです。

なお、シロアリの被害は木造住宅だけではなく、鉄筋コンクリート製の家屋にも及びます。コンクリートは時間の経過とともに劣化するため、次第にわずかなひび割れが生じます。そんなわずかなひび割れも、体の小さいシロアリにとっては絶好の侵入経路になるのです。

シロアリ被害の見分け方

シロアリ被害に遭いやすい場所はだいたい決まっています。シロアリ被害が疑われる場合は、以下のような場所をチェックしてみましょう。

・床下

床下はもっともシロアリが発生しやすい場所です。湿気が溜まりやすく、シロアリのエサになる木材や断熱材が豊富にあるので、地中からシロアリが集まってきます。

先ほどご紹介した「蟻道」が床下の基礎部分に見つかったら、すでにシロアリが家に侵入していると考えていいでしょう。

・水回り

シロアリは湿気を好むので、キッチンや浴室などの水回りは被害を受けやすくなります。床板や壁に違和感があるときは、念入りにチェックしてみましょう。

・畳

畳の素材「イグサ」は、シロアリのエサになります。畳を食害するシロアリは床下から室内に上がってくるものと考えられるため、被害に気づいたら床下をチェックするようにしてください。

・庭のウッドデッキや枕木

風雨にさらされる庭のウッドデッキや枕木は湿気が多く、常に地面にも接触しているので、シロアリの温床になります。

シロアリ被害の兆候は?当てはまる場合は注意

シロアリ被害を受けた場所には、さまざまな兆候が現れます。シロアリ発生のサインになるので、ぜひ覚えておきましょう。

・壁や柱を叩くと空洞音がする

シロアリ被害に遭った柱や壁の内部は、スカスカの空洞状態になります。そのため、音が響きやすくなり、叩くと軽い音がするのです。シロアリ被害が疑われるときは、壁や柱、床などを叩いてみるといいでしょう。

・蟻道がある

外気や光を嫌うシロアリは地表を移動せず、蟻道(ぎどう)と呼ばれるトンネルのような道の中を進みます。床下の木材や基礎コンクリートに茶色いトンネルができていたら、シロアリ被害に遭っていると考えて間違いないでしょう。

・床やドアの不具合

ドアやふすま、雨戸が上手く動かなくなったら、家がシロアリ被害に遭っているかもしれません。床の特定部分だけへこみがあったりミシミシと音がしたりするような場合も要注意です。被害を放置しておくと食害がさらに進み、建物の耐震性が低下してしまいます。

・家の周囲でシロアリを見かけた

シロアリが発生すると、屋内だけではなく、家の周囲でもシロアリを見かけるようになります。近所の家にシロアリが発生している可能性もありますが、加害力の激しい「イエシロアリ」は行動範囲が100mにもなるので油断はできません。

シロアリ被害に遭いやすい家は?

シロアリは湿気を好んで集まってくるため、床下に湿気が溜まりやすい構造の家は被害に遭う確率が高まります。具体的には、床下が狭い家や床下換気口が少ない家です。

湿気が溜まりやすい箇所は、床下だけではありません。屋内であれば、押し入れの中などにも湿気は溜まります。湿気の多い場所にはカビが繁殖するので、押入れがカビ臭い場合は、すでにシロアリが発生しているかもしれません。

また、周辺に川や池がある家も注意が必要です。このような地域は湿地帯である可能性が高く、地表に湧き上がってくる湿気も多くなります。

シロアリ被害と築年数の関係

築年数が経過するほどシロアリ被害に遭う確率が高くなるのは事実です。だからといって、新築はシロアリ被害に遭わないというわけではありません。

近年の住宅は基礎断熱によって、効果的な冷暖房を実現しています。しかし、通気性は悪くなるので、湿気が溜まりやすくなってしまいます。また、断熱材と基礎の隙間からシロアリが浸入することもあります。

住宅の基礎にも注意が必要です。新築は床をコンクリートで覆う「ベタ基礎」が一般的なため、床下からのシロアリ侵入は不可能のように思えます。しかし、シロアリは小さいので、わずかな隙間があれば、ベタ基礎でも床下や屋内に侵入してきます。

「新築だから」と油断していると、気がつかない間に被害が拡大するかもしれないので、定期的な点検は欠かさないようにしたいところです。

シロアリ被害に注意すべき地域は?

日本には現在22種類ものシロアリが生息していますが、住宅に害を与える主なシロアリは「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」です。

それぞれの被害が多い地域をチェックしてみましょう。

・ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリは、北海道の一部を除く日本全域に生息しています。一般的なシロアリなので、生息地域内であればどこでもヤマトシロアリの被害に遭うと考えた方がいいでしょう。

・イエシロアリ

イエシロアリは、千葉県以西の温暖な沿岸部に生息しています。近年では、茨城県でも散発的な発生が確認されるようになりました。ヤマトシロアリよりも生息地域は限られますが、イエシロアリの被害は甚大になりやすいという特徴があります。

ヤマトシロアリイエシロアリ
生息地域北海道を除く日本全域千葉県以西の温暖な沿岸部

生息地域 北海道を除く日本全域 千葉県以西の温暖な沿岸部

シロアリ被害の対策方法

シロアリ被害の兆候がひとつでもあれば、シロアリの食害が進んでいる可能性があります。被害の拡大を防ぐためにも、早急に専門業者に連絡して点検と対策をしてください。

シロアリは床下から屋内の各所に侵入することが多いので、まずは床下の点検を行うのが一般的です。床下調査の費用相場は5~8千円ですが、無料で点検を行ってくれる業者も少なくありません。

なお、床下点検口がない場合は新たに点検口を設置する工事費として、別途3〜5万円が必要になります。和室がある場合は、床板を剥がして床下に侵入することも可能です。

シロアリ被害に遭う家は、シロアリが発生する条件が揃っていることが多いので、定期的な点検と予防が欠かせません。

なお、シロアリの予防策には、主に以下の2種類があります。

  • ベイト法
  • バリア法

それぞれの特徴を紹介します。

・ベイト法

毒のエサを使って、シロアリを巣ごと全滅させる方法です。効果が出るまでには時間がかかりますが、毒エサは人体に害がないので、予防策としては極めて有効です。

・バリア法

建物や土壌に薬剤を散布してシロアリを防ぐ方法で、即効性の高さが特徴です。薬剤の効果は永久ではないため、5年に一回を目安に薬剤散布をおこなう必要があります。

シロアリ駆除を業者に依頼するときの注意点

シロアリ被害に遭ってしまったら、専門業者に駆除を依頼するのが最善の方法です。ただし、技術力の乏しい業者もいるので、依頼するときには事前のチェックが欠かせません。

とくに注意したいのは、下記の4つです。

  • 過去の実績
  • アフターフォローの内容
  • 見積もりの明確さ
  • 相見積もりの依頼

それぞれ詳しく解説していきます。

過去の実績

シロアリの駆除には、専門的な知識と技術が求められます。薬剤の取り扱いに関するノウハウも必要です。そのため、実績が少ない業者に依頼すると、適切な駆除ができない恐れがあります。

施工不良による被害の拡大を防ぐためにも、業者のホームページなどで必ず過去の実績をチェックしましょう。実績の明確な写真があれば安心です。

アフターフォローの内容

アフターフォローが充実している業者なら、施工後にシロアリが再発しても無料で対処してくれます。万全な駆除をしても、シロアリが再発する可能性はゼロではないのです。なお、薬剤の効果は5年程度で切れるため、保証期間は「施工後5年」を目安にするといいでしょう。

見積もりの明確さ

一般的なシロアリ業者は、無料点検後に見積もりを作成して契約に至るという流れになります。しかし、悪質な業者は不明確な見積もりを出して契約を急かすので注意が必要です。酷い業者になると、見積もりを出さないこともあります。

相見積もりの依頼

シロアリ駆除の費用は業者によって異なりますが、おおよその相場はあります。業者を1社に限定すると相場がわからず、不当に高い金額で契約することにもなりかねません。適切な費用で効果的な駆除をしてもらうためには、最低でも2~3社に見積もりを依頼しましょう。

まとめ

今回は、シロアリ被害の兆候や、被害に遭いやすい場所などについて詳しくご紹介しました。
シロアリ被害に遭いやすい水回りや床下は、定期的な点検を欠かさないようにしましょう。壁や柱を叩くと空洞音がしたり、床やドアに不具合が生じていたりした場合は、すでにシロアリ被害に遭っている可能性があります。
なお、シロアリ被害は、毒エサを使う「ベイト法」や、薬剤歩散布する「バリア法」などで防除することができます。シロアリ被害の兆候があるという方や、予防策を講じておきたい方は、専門の業者に相談してみましょう。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

画像

関連記事一覧