基礎断熱住宅はシロアリ被害に要注意?予防や対策法を紹介

新築でもシロアリ被害に遭うことがあります。
なかでも、床下に基礎断熱を取り入れているお宅は特に注意が必要です。

床下の温度を一定に保ち、住む人に快適な暮らしをもたらす基礎断熱ですが、じつは、人だけではなくシロアリにとっても居心地のよい空間を作ってしまうのです。

この記事では、基礎断熱の住宅がシロアリ被害に遭わないための予防法や、すでにシロアリ被害を受けてしまっている可能性がある場合の対処法をご紹介します。

基礎断熱はシロアリの絶好の住処!

基礎断熱は高気密・高断熱で住宅の床下温度を一定に保つメリットがある一方、家屋の大敵であるシロアリに侵入されやすく、そして、シロアリの好む環境を作りやすいというデメリットがあります。

そもそも基礎断熱とは、住宅の床下(基礎)部分に断熱材を敷き詰めることによって、基礎からの熱の出入りを防ぐための工法です。とても気密性が高いので、いっけん「シロアリの侵入も防げるのでは?」と思ってしまいますが、断熱材の多くは「発泡系断熱材」という、シロアリが容易にかじることのできる柔らかい素材でできているため、断熱材に蟻道(ぎどう)を作って建物内に侵入されやすいのです。
簡単に内部に侵入でき、一年中快適な温度に保たれている基礎断熱住宅は、まさにシロアリにとって絶好の住処となるわけです。

シロアリから家を守る方法

シロアリから家を守るためにもっとも重要なのは日頃からの予防です。シロアリの好む環境を作らないことや、定期的にシロアリ点検を行うことが予防に繋がります。
一度発生してしまったシロアリの駆除は素人にはほぼ不可能ですが、シロアリの予防は簡単に行うことができますので、大切な家を守るためにシロアリ予防は必ず実施しましょう。
シロアリは太陽の光が届かない暗くて湿度の高い環境や、外敵のいない餌が豊富な場所を好みます。したがって、以下の3つ点に気をつけることでシロアリ予防になります。

家の周りにシロアリの餌を放置しない

シロアリは地中から家の敷地内に侵入してきます。シロアリの餌となる古い木材やダンボールなどを庭に放置しておくことで、シロアリに狙われやすくなります。
また、木材やダンボールだけではなく、発泡スチロール・古新聞・古雑誌・プラスチックなどもシロアリの餌になりますので放置は厳禁です。

定期的に家の周りや床下を点検する

湿気が溜まりやすく餌が豊富な床下は、特にシロアリ被害に遭いやすい場所です。床下環境は水漏れや換気不足により湿度が高くなりやすいので注意が必要です。
もし、床下の湿気が気になる場合は、家の基礎にある通気口付近に物を置いて空気の流れを遮断していないか確認してみましょう。他にも、床下部分の除湿には調湿剤や床下換気扇の設置も有効です。

定期的に家の周りや床下を点検する

日頃からシロアリを寄せつけない環境作りを心がけ、定期的な点検を行うことでシロアリの被害を防ぐことができます。シロアリ被害は柱の内部にも及んでいる場合があるので、素人が見ただけでは判断がつかない場合が多いです。
調査や点検だけなら無料で行っている業者も多いので、年に1回のペースで定期的なチェックを依頼してみるのがオススメです。

もし、すでにシロアリ被害が発生していたら?

すでにシロアリ被害に遭っている可能性がある場合は、被害の程度に関係なく早急に駆除業者に連絡しましょう。シロアリ駆除は初期段階で発見・駆除するのが一番効果的です。
発見や対処が遅れると、当然ですが被害はより深刻になり、シロアリによる蝕害の進み具合に比例して修繕コストも高くなります。

業者に駆除を依頼した際の費用

シロアリ駆除の費用は依頼する業者によって差があるので、さまざまな業者に相談して見積もりを取ることをオススメします。シロアリ駆除の金額は、使用する薬剤や保証の範囲はもちろん、被害の大きさによって金額は大きく変わってきます。
また、シロアリ駆除の業者の中には高額な料金を請求してくる悪質な業者が一部存在します。そうした詐欺被害に遭わないためにも、複数から見積もりを取って、ご自身の納得のできる金額で施工を依頼するようにしましょう。

まとめ

今回は、基礎断熱を使用した住宅がシロアリ被害に遭ってしまう理由や、ご家庭でも手軽にできるシロアリの予防対策についてご紹介しました。

基礎断熱自体は、直接シロアリの餌になるわけではありませんが、基礎断熱が作り出す床下環境はシロアリにとって居心地の良い最高の空間になります。したがって、家に基礎断熱を使用している住宅は、日頃からシロアリを寄せつけない環境作りを心がけることが大切です。

あなたの大切な家に重大な被害をもたらすシロアリ被害を未然に防ぐためにも、正しい予防法や万が一シロアリが発生してしまった場合の対策法はしっかり押さえておきましょう。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧