床下の基礎補強に必要な工事と費用を解説

世界の2割の地震が日本で起こっているといわれますが、地震をきっかけに亀裂や基礎の補強の必要性に気づく方は多いです。

特に築年数が30年以上の住宅は今後、大きな地震が起きた際に、ひび割れから倒壊まで大きな被害を受ける可能性が高いです。そのために必要な対策は何か、どんな補強法があるかを紹介していきます。

補強が必要な住宅の特徴とは

住宅の床下を見る機会はありませんから、專門業者に床を開けて確認してもらったら、シロアリの巣があったり、重大なひび割れがあったり、と知らない間に家がいたんでいることを知ることがあります。そのため、定期的に耐震診断を受けて、早急に対策をとりましょう。

補強が必要な住宅には、状態に合わせて、基礎の補強工事、シロアリの駆除と防除、断熱を行う必要がありますまずは基礎の補強が必要になる住宅の特徴から説明します。

昔の木造住宅は地震に耐えられない

1981年より前に建てられた木造住宅は、基礎の耐震性が低く、震度5以上の地震には耐えられない可能性が高いといわれています。その証拠に、阪神淡路大震災では1981年前の木造住宅のほとんどが倒壊したそうです。

1981年以前の家は、土の上に石、柱が載っている簡易な基礎の場合が多く、基礎に鉄筋コンクリートが入っていない構造のため、かなり耐震性が弱いです。特に水平方向の地震の影響を強く受けるため、崩壊する可能性が高くなります。

また、築30年~40年くらいの家になると、1階の柱の下だけコンクリートで支える布基礎という工法が採用されてますが、湿気があり、シロアリ被害を受けやすい特徴があります。

現在の新築住宅は、ベタ基礎といって、全面を鉄筋コンクリートで支えているため湿気が少なく、シロアリ被害も防げる工法になっています。

鉄筋が入っていないコンクリート基礎の場合は、鉄筋コンクリート基礎を新しく増し打ちし、炭素繊維シートで施工するといった補強法があります。

基礎にひびが入っている住宅の特徴

地震などで住宅が斜めに傾いて沈んでいると、基礎に力が加わり、亀裂が生じます。また、その状態は初期から第四段階まであり、倒壊のリスクが高まります。

初期:外壁に亀裂が入る
第一段階:布基礎や土間コンクリートにひび割れ
第二段階:壁と柱の間に隙間ができる、壁やタイルにひび
第三段階:柱が傾き、扉の開閉困難、床が傾く
第四段階:柱の傾きが大きく、倒壊する可能性が高い

傾きの基準に関しては水平器を使えば正確に確認できますが、簡易検査としてはペットボトルに半分以下の水を入れて、傾いていると思われる床にそのペットボトルを横向きに置き、確認する方法があります。ペットボトルの水がはっきり傾いていいれば、床が傾いている証明になります。

シロアリ駆除と防除

床下を開けて見ると土でこんもりした筋を発見することがあります。これはシロアリが地面から基礎の柱へと作っている蟻道であり、シロアリ被害にあっている可能性が高いです。一度この蟻道ができてしまうと、シロアリの繁殖は進んでいるといえます。

ただ、シロアリ業者のなかにはシロアリがいないのに、ウソをついて駆除を行うことがあるため注意が必要です。そのときに使われるのがシロアリの蟻道に似ている地蜘蛛(ジグモ)です。シロアリの蟻道と非常に似てるので見分ける必要があります。ジグモの場合は柔らかく、手で壊せるもろさでがあり、地上10センチくらいの大きさという特徴があります。これに対してシロアリの蟻道は、固く頑丈です。

住宅の耐震基礎補強にかかる費用

家の状態によって工事の内容が大きく変わりますが、平均リフォーム費用の一例を紹介します。

・基礎補強工事
約60万〜80万

・シロアリ駆除、防除
約10万〜20万

・床下の調湿 
約10万〜30万

実際に依頼する場合は、調査に来てもらい、信頼できる専門業者を選びましょう。

まとめ

地震が多い日本においては、床下や基礎の補強工事は特に重要です。そして、築30年を過ぎた建物は基礎の強度が弱いので、家の傾きや倒壊の可能性があります。崩れてからの補修工事は費用も高額になりやすいので、定期的な床下の調査が重要になります。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧