基礎塗装は本当に必要?住宅の劣化を防ぐ方法とは

家の外観を整えるために「基礎塗装」を考えてはいませんか?

基礎塗装を施す前には、注意しなければならないことがあります。安易に塗装してしまうと、基礎の劣化を招く恐れがあるのです。

そこで今回は、主に以下について詳しくご紹介します。

・基礎塗装の必要性
・事前にやっておくべきこと
・基礎塗装の費用相場

基礎塗装を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

基礎塗装の役割とは?

基礎とは、地盤と建物をつなぐ住宅の土台です。建物自体の重さや、地震や台風などの外部からの力を地盤に伝える役目を担っています。

この基礎に塗装を施すことを「基礎塗装」といいます

基礎塗装のメリット

基礎の表面は塗装をしなければコンクリートの色のままなので、塗装を施すことで家の外観を整えることができます。
さらに、基礎塗装は「防水性」を高める役割もあるので、水分を吸収しやすいコンクリートの劣化を防ぐ役割も果たします。

基礎塗装の主なメリット

・外観がキレイに整う
・防水性が高まる
・シロアリの被害を防ぎやすい

基礎塗装をするなら基礎補強の後に!

前述のとおり、基礎塗装には様々なメリットがありますが、一方で「内面の劣化に気づきにくくなる」というデメリットもあります

表面をコーティングすることで、基礎コンクリートに起こっているヒビ割れなどを察知しにくくなり、どうしても対処が遅くなってしまうのです。

基礎の劣化を防ぐ最大の対応策は「基礎の補強工事」です。

基礎の補強を行なえば内部の強度が高まり、建物をしっかり支えられるようになります。どんなに見た目がキレイでも、基礎コンクリートの内部が劣化していると強度はどんどん弱まっていきます。

なお、コンクリートは水分や湿気を吸収しやすいため、乾燥と水分の吸収を繰り返す間にひび割れを起こします。アルカリ性の性質があるコンクリートは、二酸化炭素や酸性雨に触れ続けると表面から内側に向けて「中性化」が進み、脆く崩れやすくなってしまうのです。

したがって、基礎の保護と見た目の維持を両立させるためには、基礎補強をして耐久性を高めた後での「塗装」がおすすめです。

基礎塗装や基礎補強工事の相場は?

ここからは、基礎の塗装と基礎補強工事の費用相場をご紹介していきます。

基礎塗装の費用相場

補修箇所や基礎の状態によっても変わりますが、基礎塗装の費用相場は以下を目安にしてみてください。

基礎塗装の費用相場1㎡あたり
3,500円~5,000円
作業内容・下地処理
・高圧洗浄
・塗装
・養生撤去
・清掃

外壁の塗装とセットでなければ基礎塗装を引き受けてくれない業者もあるので、事前に確認しておきましょう。

なお、基礎塗装の作業期間は1日〜2日程度が目安です。

基礎補強工事の費用相場

基礎の補強工事には、いくつかの種類があります。それぞれの特徴と一般的な費用相場を見ていきましょう。

・ひび割れ補修(エポキシ樹脂の注入)

基礎のひび割れを専用の電動工具でカットしてから、「エポキシ樹脂」を注入して埋めていく方法です。補修箇所やひびの状態によって費用は変わりますが、1カ所あたり1~2万円が相場となります。補修する箇所が少なければ工期は1日程度です。

・ひび割れ補修(アラミド繊維シート補強)

住宅の基礎全体の補強に適した方法です。エポキシ樹脂の注入よりも工数が多くなるため、1mあたり3〜4万円が費用相場となります。工期は約1~3日です。

・基礎の増し打ち

床の解体と復旧が必要になる大がかりな工事です。鉄筋の配筋や型枠設置、コンクリート打設などの本格的な補強を行うため、建物全体での工期は約2~3日かかります。費用相場は1mあたり6~8万円です。

まとめ

今回は基礎塗装の必要性や注意点、費用相場について詳しくご紹介しました。

基礎には建物を支えるという大切な役目があるため、見た目だけではなく、その耐久性も維持しなければいけません。外観だけを意識して塗装すると、内部で進行している劣化に気づきにくくなるので注意が必要です。基礎塗装は、基礎の補強工事をした後に行ないましょう。

また、ご自分の判断で基礎塗装をすると基礎の劣化を招く恐れがあるので、必ずプロに依頼してください。基礎塗装の費用相場は1㎡あたり3,500円~4,000円、工期は1日から2日程度です。

基礎塗装を検討している方は、複数の専門業者に見積もりを依頼して費用を検討するところから始めてみてください。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧