ベタ基礎でもシロアリは侵入する!知っておきたい対策方法3つ

ベタ基礎で建てられた家はシロアリ被害に遭わないと言われていますが、条件によってはシロアリが侵入するケースもあります。シロアリは放置しておくと多大な被害を受ける可能性があるので、事前の対策は欠かせません。

そこで今回の記事では、ベタ基礎でもシロアリ被害に遭う理由や、シロアリ被害に有効な対策方法をご紹介します。

そもそもベタ基礎とは?

「基礎」とは、家の重さを地面に伝える部分です。基礎には、家の重さを地面へ均等に伝えて、沈下や損傷を防ぐ大切な役割があります。なお、通常の木造住宅建築では、基礎に「布基礎」か「ベタ基礎」が採用されます。

どちらもあまり聞き慣れない用語だと思いますので、まずはそれぞれの違いを解説していきます。

ベタ基礎の解説

壁の部分だけではなく、床下全体にコンクリートを打って作られた基礎です。地盤と接する部分が広く、家の荷重が分散されやすいので、安定感に優れています。建物が重い場合や軟弱地盤の上に家を建築する場合にはベタ基礎の選択が必須です。

また、コンクリートで床下一面を覆うベタ基礎は、地中から床下に侵入してくるシロアリ対策にも有効と考えられています。

布基礎の解説

壁に沿ってコンクリートを打っていくのが布基礎です。布基礎は床下が低くなるので風通しが悪く、湿気も多くなりがちなので、シロアリが発生しやすいとされています。

ベタ基礎でも油断禁物!シロアリ被害が発生してしまう理由とは

シロアリに強いとされるベタ基礎には「継ぎ目に隙間が生じやすい」というデメリットがあります。隙間なく床下が覆われているように見えても、実際にはコンクリートに小さな隙間が生じていることがあるので注意してください。

シロアリが1匹でも通れる隙間があれば家の中に侵入してきてきますので、建物の内部が被害に遭う可能性は十分にあります。「ベタ基礎ならシロアリ対策をしなくていい」と思っている方も、具体的な予防策を意識したほうがいいでしょう。

ベタ基礎でもシロアリ対策は必須!有効な3つの方法を紹介

ベタ基礎で有効なシロアリ対策方法を3つご紹介いたします。

・土壌処理

地面に薬剤を散布して、地中からのシロアリ侵入を防ぐ方法です。薬剤の効果は5年前後で薄れてきてしまうので、定期的に土壌処理をしなければいけません。

・自立換気

高性能な換気システムを導入する方法です。床下と建物内部の換気を促す効果があるため、湿気対策にも役立ちます。なお、自立換気を導入している住宅は「自立循環型住宅」と呼ばれます。

・壁体内通気(外壁通気工法)

壁内部の湿気が引き起こす木材の腐朽を防ぐ工法です。外気を取り入れるための通気層を壁の内部に設置して湿気を排出するので、シロアリが好む環境を防ぐことができます。

もしシロアリ被害に遭ってしまったら?

シロアリ被害を受けている可能性を感じたら、すぐに専門業者に相談しましょう。相談する時期を引き延ばすほどシロアリ被害は拡大していきます。

市販の殺虫剤を使えば自分でも対策できますが、完全な駆除は不可能です。シロアリは土の下で無数に生息しています。また、シロアリの発生は偶然ではなく、シロアリに狙われた要因があると考えるほうが無難です。

自分で対策する場合は、その範囲も限られます。床下の奥や天井裏、柱の中といった場所は専門の業者でなければ調べることはできません。

シロアリ駆除の料金相場

シロアリ駆除の費用は施工面積によって変わりますが「建物の構造」や「施工場所」も料金の変動要素になります。料金に関わってくる主なポイントは下記です。

・床下の潜り込みやすさ
作業員が潜り込めない構造の床下は、壁や床に薬剤注入用の穴を開ける工事が必要になるので、別途追加料金が発生します。また、床暖房や床下換気扇などの有無によっても費用は変わります。

・建物の材質
駆除の方法や使用する薬剤は家の造りで変わるため、木造や鉄骨造などの構造や材質によって費用が変動します。

・除去する場所
浴槽付近のようなシロアリが発生しやすい場所は、駆除のために別途工事が必要になるケースがあります。

業者のタイプ別費用相場

一般的な費用相場を比較してみましょう。

業者の種類 1坪あたり 1㎡あたり
大手業者、ホームセンター 10,000円 3,000円
地元の中小業者 1,800円〜2,700円 6,000円〜9,000円
取次業者 4,000円〜 1,200円〜
合同保証タイプ 4,000円〜6,000円 1,200円〜1,800円

大手業者やホームセンターは、宣伝広告費や営業所の経営費といったコストもかさむので、料金も高めの設定です。中小企業や取次業者は料金にばらつきが多く、追加料金が発生するケースも少なくありません。

合同保証タイプは「運営本部・損害保険会社・施工加盟店」が業務提携して工事と保証を行います。

まとめ

シロアリに弱いと言われている布基礎だけではなく、床下全体をコンクリートで打ったベタ基礎でもシロアリの被害に遭う可能性があります。被害を拡大させないためにも、シロアリ被害は放置せずに専門の業者に駆除を依頼しましょう。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧