耐久性を高めるにはコンクリートが重要?基礎補強のポイントを解説

「地震や台風で家が大きく揺れるのは当たり前」だと思っていませんか?

実は基礎の構造の弱さが原因の場合があります。基礎は土地と建物をつなぐもので、家の重さ、地震や風などの刺激から家を守り、傾いたり、倒壊したりすることを防いでいます。

一度基礎の補強工事を行うと、半永久的に建物の寿命を維持できるので、基礎補強工事のタイミングは早ければ早いほどメリットがあります。今回の記事では、基礎補強工事をするか悩んでいる方に向けて、基礎の種類や耐久性を高める工法についてご紹介します。

住宅の基礎とは

基礎とは、地盤と建物をつなぐ住宅の土台です。建物自体の重さや、地震や台風などの外部からの力を地盤に伝える役目を担っています。住宅の耐久性は基礎によって大きく左右されるので、安全に長く住める家を維持するには「強い地盤」と「しっかりとした基礎」が欠かせません。

この基礎のひび割れや劣化を補修し、強度を高めるのが「基礎補強工事」です。

基礎の種類

住宅の基礎には主に3つの種類があります。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

・布基礎(ぬのきそ)

建物の柱や壁の部分にだけ基礎を作るのが「布基礎」です。部分的に基礎を作るため、コストがかからないというメリットがあります。地盤が強い場所や、建物があまり重くない木造、軽量鉄骨の基礎に用いられる工法です。

布基礎は地面のほとんどが露出しているので、地中から進入してくるシロアリへの対策が必要になります。また、築年数が経過すると家のバランスが崩れやすくなるデメリットもあります。

・ベタ基礎

建物の床下全体をコンクリートで覆うのが「ベタ基礎」です。近年主流となっている工法で、地震の揺れや不同沈下にも強く、地中から上がってくる湿気を遮断したり、シロアリの侵入を防いだりするメリットがあります。

コンクリートの使用が多いのでコストが上がりやすいのがデメリットですが、品質や建物の評価は高いです。

・SRC基礎

床下に「蓄熱体」を設置した完全密封構造の基礎です。比較的新しいタイプの基礎で、強度と快適性を兼ね備えています。

外部からの湿気を完全に遮断でき、地中からの湿気を砂利層で防ぐことが可能です。SRC基礎は床下に木材を使わないので、シロアリや木材腐朽菌の対策にも適しています。

耐久性に優れた住宅基礎とは

基礎の耐久性を高めるには、強いコンクリートが欠かせません。住宅基礎の構造を簡単に言うと「コントリートと鉄筋」です。コンクリートはもともとアルカリ性で、鉄筋を錆びから守っていますが、コンクリートが劣化すると中性化して鉄筋を守りきれなくなります。

基礎の寿命は、一般的に「コンクリート内部の鉄筋が約20%錆びたとき」とされます。つまり、鉄筋を錆びから守ることで基礎の寿命が延びるのです。

基礎の耐久性を高める工法

ここでは、基礎の耐久性を高める工法をご紹介します。

・ハイブリッド工法で基礎コンクリートを補強する

「樹脂」と「強化繊維」という異なる素材を複合的に使って基礎コンクリートを補強する工法です。素材を組み合わせることで大きな補強効果が生まれます。これらの素材は大変相性がよく、強化繊維に樹脂が浸透しやすくなっています。

この補強効果は国からも認められており、高速道路や橋脚といった安全性が何より求められる公共工事でも用いられています。

・かぶり厚さを厚くする

かぶり厚とは、コンクリートの中に配筋した鉄筋とコンクリート表面との距離を指します。鉄筋の周りに一定の厚みのコンクリートがないと、強度が弱くなってしまいますので、かぶりを厚くすることで耐久性を改善します。
かぶり厚があることで鉄筋を保護し、鉄筋表面の錆びや酸化、欠損を防ぐことができます。

・高強度コンクリートを使う

強度が不足したコンクリート製の基礎は、住宅の寿命が著しく短くなります。また、地震があったときに大きな被害を受ける可能性も高くなります。
住宅の基礎に使用するコンクリートで必要な強度の目安は、「呼び強度」で24N/mm2くらいが適切といわれています。

・表面にコーティングを施す

コンクリートはアルカリ性ですが、空気中の炭酸ガスなどによって浸食されると中性になり、劣化が進行してしまいます。
この浸食を防ぐためには、コンクリート専用の「浸透性無機質反応型改良剤」を使ったコーティングが必要です。型枠解体後には、寿命を伸ばすために液体ガラスによるコーティングを実施することもあります。

まとめ

家の基礎は築年数が浅くても構造が弱い場合があります。しかし、基礎補強工事を行えば、地震に強くなり、家全体の耐震度が上がり、大きな地震があっても安心できます。

家の揺れが気になる方、お住まいの住宅に最適な基礎工事を知りたい方は、まず、耐震診断をおすすめします。基礎補強工事の種類は多岐にわたるため、基礎の状態によって適した工事があるからです。
基礎の劣化が激しい場合は、基礎をすべて打ち直す必要があったり、反対に、ひび割れ程度の場合は簡単な補修工事で済む場合があります。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧