シロアリ駆除が失敗?再発するケースと対処方法

「シロアリ駆除をしたのにシロアリが発生した!」
「駆除したばかりなのにまだシロアリがいる」

このような経験がある方もいるのではないでしょうか。シロアリ駆除は「1度やったら終わり」ではありません。専門の業者に施行を依頼しても、シロアリが再発するケースはあるのです。

そこで今回は、主に以下について詳しくご紹介します。

  • シロアリ駆除後に再発するケース
  • シロアリが再発した場合の対処法
  • シロアリ駆除を成功させる方法
  • シロアリ再発のリスクが低い優良業者の選び方

シロアリ駆除後の再発で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

シロアリ駆除後に再発するケースを紹介

シロアリは駆除後に再発することもあり得ます。シロアリ被害が再発する主な理由を見ていきましょう。

・薬剤の効果が消えやすい箇所での被害

浴室や水回りなどの湿気が溜まりやすい場所は、シロアリ被害に遭いやすく、薬剤の効果が薄れやすいので再発リスクが高まります。経年劣化で水漏れを起こしている場合は、シロアリ駆除と同時に改修工事も行った方がいいでしょう。

・薬剤散布から時間が経過しているケース

シロアリの駆除に使われる薬剤は約5年で効力を失ってしまいます。シロアリの再発を防ぐためには、最長でも5年ごとの定期的な駆除が必要です。

・定期的なシロアリ点検をしていない

シロアリ対策を万全にするなら1年ごとの点検が目安になります。定期的に点検をおこなえば、万が一、完全にシロアリ駆除できていなかった場合にも早期発見することで被害を最小限に抑えることができます。

・自分で施工した場合

ご自分での薬剤散布では、部分的なシロアリ駆除しか行えません。なお、市販の薬剤は専門業者が使用する薬剤よりも効果が限定的なので、あくまでも応急処置と考えてください。

・施工不良

悪質な業者にシロアリ駆除を依頼すると、正しい手順で駆除を行わないのでシロアリを完全に駆除できません。場合によっては1年以内に再発することもあります。

もしシロアリ被害が再発したら

シロアリの再発は深刻です。すでに駆除を行っているので再発にはなかなか気づかず、シロアリの被害が拡大する可能性があります。シロアリ駆除を依頼した段階で浸食は進んでいるので、駆除後の補修をしていなかった場合は、被害規模がさらに大きくなるでしょう。

シロアリ駆除の費用は被害状況によって変わるため、シロアリの再発で被害が拡大すると、駆除費用も高額になってしまいます。5年保証がある業者なら再施工を依頼できますが、保証がない業者は全額を支払わなければいけません。

シロアリの駆除を失敗させないためには

ここからは、シロアリの再発を防ぐ方法をご紹介します。被害の拡大や不要な出費を抑えるためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

・シロアリの駆除は必ず専門業者に依頼する

ご自分での駆除は、シロアリの再発率を大幅に高めます。床下での移動は難しく、目視で確認できる範囲も狭くなるので、素人が徹底的にシロアリを駆除するのはほとんど不可能と思ってください。専門業者は作業が難しい床下にも慣れているので、的確なシロアリ駆除をしてくれます。

・定期的にシロアリの駆除を行う

現在は安全性に配慮するため、シロアリ駆除の薬剤は約5年で効果がなくなってしまいます。完璧な駆除作業を行っても、時間の経過とともに再発リスクは高くなるのです。再発による被害を防ぐためには、「5年ごと」にシロアリ駆除を行いましょう。

優良業者を選ぶことも大切

シロアリの駆除業者の中には悪質な業者も存在します。こうした悪質業者を避けるためにも、優良業者を見分けるポイントを覚えておきましょう。

・ポイント1:料金体系がわかりやすい

価格表をホームページに掲載していない業者は利用しない方がいいでしょう。シロアリ駆除の料金は被害の状況や作業内容によって変わりますが、基準となる料金が分からないと費用の総額が適正なのかどうかを判断できません。

・ポイント2:サービスを無理に薦めてこない

優良業者は必要な作業だけを行ってくれるので、不要な出費は発生しません。しかし、悪質な業者は不安を煽る説明をして、本当は必要のない施工や商品を薦めてきます。

・ポイント3:アフターサービスが充実している

優良なシロアリ駆除業者は、アフターサービスも充実しています。保証の内容に「再発時の駆除費用は無料」と「定期的な無料点検」が含まれているなら、技術と知識に自信がある業者と考えて間違いありません。シロアリ再発時のリスクを最小限にするためにも、保証の有無と内容は必ずチェックしてください。

・ポイント4:豊富な実績がある

ホームページに掲載されている過去の実績も確認しておきましょう。口コミによる評価も見ておくと安心です。

まとめ

シロアリは駆除後に再発することもあり得ます。とくに、施工不良やご自分で駆除をした場合は施工後1年以内に再発する可能性もあるので注意しましょう。

きちんとした駆除を行っても、約5年で薬剤の効果は薄れてしまうので、再発するリスクが高まります。シロアリを再発させないためには、5年ごとの定期的な駆除を行うことが大切です。

施工不良による再発を防ぐためには、以下のような優良業者を選んでシロアリ駆除を依頼しましょう。

  • 料金体系がわかりやすい
  • サービスを無理に薦めてこない
  • アフターサービスが充実している
  • 豊富な実績がある

短期間でシロアリが再発すると被害規模が大きくなることが多いので、できるだけ早めに点検と駆除を行うようにしてください。業者によっては無料で点検してくれるので、気軽に問い合わせてみましょう。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

画像

関連記事一覧