シロアリの防除が必要な住宅とは?防除の仕方や費用を解説

シロアリは、エサが豊富で暗く湿気のある場所なら、どこにでも棲みつきます。特に住宅の床下は、シロアリが好む環境になりやすいので注意しなければいけません。

シロアリ被害を防ぐためには、定期的な予防が大切です。また、シロアリを駆除した後の再発予防も欠かせません。

シロアリを防ぐためには、予防と駆除をセットで考える「防除」が重要なのです。

そこで今回は、シロアリの防除方法、防除の費用などについて詳しくご紹介していきます。

シロアリ対策には防除が必要

シロアリ対策には、シロアリを未然に防ぐ「予防」と、被害に遭った際の「駆除処理」の両方が必要になります。この二つの対策をあわせて「防除」といいます。

なお、「予防」と「駆除」には、以下のような違いがあります。

予防駆除
目的シロアリ被害を防ぐ発生したシロアリの駆除
費用業者の種類、面積、薬剤
などにより設定される
被害の規模によっては
高額になることも

予防はあくまでも「被害を防ぐ」ことが目的です。ただし、どんなに万全を期したつもりでも、シロアリが発生してしまうことがあります。シロアリが発生した場合は、すぐに駆除をして被害の拡大を防がなければいけません。

シロアリの発生に気づかず放置していると被害が大きくなり、駆除費用も高額になります。思わぬ出費を防ぐためにも、「防除」をセットで考えることが大切です。

シロアリの防除はこの2種類

シロアリの防除方法には、「ベイト工法」と「バリア工法」の2種類があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

<ベイト工法>(毒エサの設置)

エサに駆除剤を混ぜた「ベイト剤」をシロアリに食べさせて駆除する方法です。

ベイト剤は専用の容器に入れて、周囲の地面に埋めておきます。シロアリはベイト剤を巣に持ち帰って仲間と食べるため、巣にいるシロアリを全滅させることが可能です。

ベイト工法には、以下のようなメリットがあります。

・人体やペットに害がない
・設置している間は効果が続く
・薬剤のニオイがしない

ただし、シロアリがベイト剤を巣に持ち帰ってから全滅するまでには時間がかかるので、即効性は期待できません。したがって、すでに被害を受けている可能性がある場合は、次に紹介する「バリア工法」を施すのがいいでしょう。

<バリア工法>(薬剤散布法)

従来から一般的に行われている方法です。薬剤を建物の壁や木材などに直接散布して、シロアリが寄り付かないようにします。床下の土壌に隙間なく薬剤を撒けば、地中から侵入するシロアリも防げます。

バリア工法には、以下のようなメリットがあります

・即効性が高い
・1度散布すれば約5年間は効果が持続する
・費用が比較的安い

ただし、バリア工法は巣の根絶が目的ではないので、薬剤を散布しなかった場所からシロアリが侵入してくる可能性があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、被害状況に応じた対処方法を選ぶことが大切です。すでにシロアリによる被害が起きている場合は「バリア工法(薬剤散布法)」を、長期的な目でシロアリ対策をするなら「ベイト工法(毒エサの設置)」を選択するといいでしょう。

シロアリの防除は自分でできる?

簡単なシロアリ予防なら、ご自分でも可能です。具体的には、「家の近くにシロアリのエサになる木材などを置かない」「湿気が床下に溜まらないよう、風通しを良くする」などが考えられるでしょう。

しかし、ご自分での予防は、すでに被害が進んでいてもシロアリの痕跡を見逃してしまう場合があるので、シロアリの発見が遅れるリスクがあります。

また、シロアリの完全駆除は専門的な知識や技術が必要になるため、素人には不可能といえるでしょう。本格的なシロアリの防除は、必ず専門の業者に依頼してください。

シロアリの防除対策の費用相場は?

気になるシロアリの防除にかかる費用ですが、1坪あたり4,000〜10,000円が相場です。シロアリの防除にかかる費用は、作業工程にそれほどの差がないため、予防も駆除もそれほど大きな違いはありません。

シロアリの防除は1坪あたりの金額で計算されることが多く、下記の条件によって金額が変動します。

変動します。

・業者の種類
・使用する薬剤
・建物の構造
・施工場所
・被害状況(駆除の場合)

なお、業者によって作業内容やアフターサービスが異なるため、見積もりの際にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

安心して家に住み続けるためには、シロアリの予防と、シロアリが発生した際の徹底的な駆除をセットで考えなくてはいけません。

シロアリの防除方法には、主に2種類があります。

・駆除剤を混ぜた毒エサをシロアリに食べさせて、巣ごと全滅させる「ベイト工法」
・薬剤を直接散布する「バリア工法」

ご自分でできるシロアリの予防策としては、「家の周囲にエサとなる木材やダンボールを置かない」「床下の風通しを良くする」などがありますが、あくまでも簡易的なものです。

本格的なシロアリ対策を個人で施すのは難しいので、必ず専門業者に防除と定期的な点検を依頼することをおすすめします。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

関連記事一覧