Alt Inc

20年以上の水道管は漏水で木部が腐敗しボロボロに

水道管の実態

  • 水垢
  • 細菌
水道管の実態

赤水

細菌の温床・水の出が悪い・水道管の詰まり

水道管の経年劣化

  • 10年後
  • 15年後
  • 20年後
水道管の経年劣化 水道管をチェック

現在鉛管を使用している人はできるだけ早く撤去をお願いします。

鉛管は鉛が水道に溶け出すと人体に悪影響を及ぼす可能性があるとして、平成7年3月31日をもって全面的に使用を禁止されています。

自宅の水道管が鉛管かどうかを把握していない人 も多いので、少しでも気になる方は水道管の確認 をおすすめします。
弊社でも水道管の確認を無償で行っているのでお 気軽にご連絡ください。

水道管をしっかり確認 電話をする 無料検査依頼はこちらから

水道管を放置すると茶水など清潔ではないお水を飲むことになり、健康被害につながる可能性もあるのですが、それ以上にもっと大きな問題が起こります。


それが水道管に穴が空き、漏水で床下が水浸しになることです。
床下が水浸しになると様々な二次被害につながります。

水道管を放置することによる問題

水道管の種類

水道鉄管(鋼管)、鉛管 寿命 15年~20年

近年ではほとんど使われなくなっていますが、一昔前までは一般的な水道管でした。

鉄管は丈夫で耐震性もあり、長い間一般的な水道管として使用されていましたが、鉄管は錆びやすく加工が大変という理由で徐々に使用されなくなりました。

鉄は錆びると穴が空くので、漏水につながり様々な二次被害が起こるのも大きな問題です。

また空いた穴を塞ぐことは出来ますがあくまで応急処置ですし、一度ついた請を完全に落とすことはできないので、現在鉄管などを使用しているお家は寿命が来たら別の配管に変えることをおすすめします。


注意

鉄管(鋼管、鉛管)の場合は茶水漏水になりやすいので至急状態を確認し、早めに交換した方がいいかもしれません。

水道塩ビ管 寿命 30年

c水道管というと金属製を思い浮かべる人が多いですが、最近では金属製の水道管を使用することはほとんど無くなりました。

塩ビ管は種類も多くありますが、プラ スチック樹脂が材料となっているので、鉄製の水道管で頻発していた錆のトラブルが無いのが特長です。
さらに素材が樹脂なので、金属のように加工が難しくなく、施工も簡単というメリットもあります。

ただ塩ビ管はデメリットもあります。塩ビ管は急な温度の変化に弱いので、真冬の寒い時期に凍結をして割れやすくなります。
また熱にも弱く、高温だと劣化しやすいといわれています。


注意

塩ビ管は冬に凍結しや すいので、場合によっては交換した方がいいかもしれません。

架橋ポリエチレン管とは
  • 耐震性
  • 耐寒性
  • 耐熱性
  • 耐食性
  • 水質◎
  • 施工性◎

架橋ポリともいわれますが、こちらも樹脂製の水道管になります。
上記の2つに比べるとメリットが多いのが特徴です。

軽量で柔軟性があるので取り付けが楽だったり、施工の自由度が高いです。架橋ポリ管は曲がるので、継ぎ手を使う箇所が減る(継ぎ手部分が漏水などのトラブルに
つながりやすいのでトラブル回避ができる)のもメリットです。

耐寒性があるので、真冬でも安心して使用でき、弾力性もあるので仮に凍結(関東圏では
凍結しないと思いますが)しても破損しないのも特徴です。

弊社では家の中の床下を通して配管するので、家の外壁に沿って配管するよりも寒さに強く、施工時には保温材も巻くので、冬場の極端な寒さでも凍ることなく安心してご利用い
ただけるかと思います。

また架橋ポリ管は耐熱性もあるので一種類でお水とお湯両方の用途で使用できます。
耐食性にも優れているので錆の心配も一切しなくてすみます。

このように今までの水道管のデメリットをほとんど改善したのが
架橋ポリエチレン管になります。

ただ高機能だからこそ他の水道管よりも少し値段が高いです。

ですが、
錆で茶水が出たり、
穴が空いて漏水した時の二次被害を考えたり、
真冬に凍結して水道が使えなくなったり、
凍結で水道管が割れて修繕することを考えると、
とてもコストパフォーマンスが高くメリットの方が大いに優るかと思います。

弊社の水道管工事は家の中の床下を通して配管します。

普通の設備屋は家の外壁に沿って配管することがほとんどですが、弊社は家の中の床下を 通して配管します。

ビフォーアフター
床下を通して配管するメリット
壁や基礎に穴を空ける箇所を極力減らすことが出来るので、家の耐力が下がりにくい床下に水道管があるので、家の外側に水道管がある時よりも凍結のリスクが下がる家の外周りに水道管が無くなるので、外観がスッキリして綺麗になる
弊社ではヘッダー方式を採用
ヘッダー方式とは、ハブのようなもの使用して床下から各場所へ配管をつなげる方式です。

ヘッダー方式を採用することで各場所で水を使用しても水圧が変わらないというメリットがあります。
排水管イメージ
架橋ポリエチレン管への交換費用
給水給湯管交換(水・お湯) 35万~40万
給水管交換(水) 30万~35万

(材料費、工事費込み)
※お家の状態などによって多少前後することがございます。

水道管を確認 電話をする 無料検査依頼はこちらから
水道管に関する警告

水道管を家の外壁に沿って配管する場合、家の壁面(基礎コンクリートや外壁)に複数の穴を空けるので、家の耐力が低下する可能性が高いです。

設備屋さんは外側(壁面に複数の穴を空ける)から水道管を通す場合がほとんどです。
その理由はただ一つ。

施工が簡単だから。
それだけです。

お家のことを本当に考えるなら、壁面に穴を空けて水道管を通すのではなく、床下「から水道管を通すのが最適です。

弊社では壁面へ空ける穴を最小限に抑える、床下を通して配管する方法をおすすめします。

壁面工事によるデメリット
壁面工事によるデメリット

外壁に沿って配管する方が施工が簡単なので料金が安いのですが、金額も10万円程度しか変わらず、その他のデメリットを考えると圧倒的に床下から配管する方が良いかと思います。

床下を通して配管するのが一番お家に負担をかけないのですが、床下にわざわざ潜って施工をするのが面倒な業者が手抜きで行っていたり、そもそもメリットデメリット知らない業者も多いので、お客様の方で意識して確認してみてください。

弊社の水道管工事は床下を通して配管をするのでご安心ください。

ストライプ
床下を通して配管する

鉄管は錆びやすく穴も空きやすいので漏水につながります。
床下のトラブルは水分によるものがほとんどなので、漏水で床下が水浸しになると想定外の大きな被害につながります。

私たちは今まで様々なお家を見てきたので、鉄管をそのまま放置して床下が水浸しになり、悲惨な状態になっているお客様を数多く見てきました。

またお客様が知識が無いことをいいことに、そして自分たちが手間をかけたくないという理由だけで、料金が安いという大義名分を振りかざして適当な施工で外壁に何ヶ所も穴が空いているお家を見てきました。

なので絶対にそうはなってほしくありません。

鉄管の寿命は15年~20年程度です。
水道管は消耗品ですし、工事自体はそこまで高額ではありません。(金額の価値観は様々だと思いますが)

まだ鉄管の住宅はもちろん、20年以上同じ水道管を使用している人は早めに交換した方がいいかもしれません。

鉛管を取り換える為に行政も動いていますが、まだまだ手が足りずにかなりの数が残っています。

私たちはそんな過去の遺物である鉄管などをすべて変え、床下を通して配管する

これを使命としております。
それがお客様の為であり、お客様の笑顔につながると信じているからです。

人と街を繋ぎ、信頼を積み重ねる企業へ 代表取締役 佐藤英康
架橋ポリエチレン管への交換費用
給水給湯管交換(水・お湯) 35万~40万
給水管交換(水) 30万~35万

(材料費、工事費込み)
※お家の状態などによって多少前後することがございます。

水道管を確認 電話をする 無料検査依頼はこちらから

たった20秒でできる!Webからのお問い合わせはこちら!
弊社からのご連絡方法




床下の無料点検実施中

電話0120-860-723

電話受付時間9:00~21:00 年中無休

お問い合わせお問い合わせはこちら24時間受付中!
求人ページ 求人ページ お客様の声 スタッフ紹介 資料請求 facebook オウンドメディア