• HOME
  • ブログ
  • その他
  • 天井からの水漏れでやるべきこととは?応急処置や原因を解説【放置は厳禁】

天井からの水漏れでやるべきこととは?応急処置や原因を解説【放置は厳禁】

天井からの水漏れを放置しておくと、壁や床下まで被害が広がり、大規模な修繕が必要になることがあります。

天井から水漏れが起こる原因はさまざまなので、応急処置を施したうえで原因を特定し、早めの改善を目指しましょう。

そこで今回は、

・天井からの水漏れに気づいたときの対処法
・天井から水漏れする原因
・水漏れを放置した場合のリスク

などについて詳しくご紹介します。
天井からの水漏れに困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

天井から水漏れが!まずすべきことは?

天井からの水漏れに気づいたら、被害を最小限にするために水道の元栓を閉めましょう。水漏れはいつ起こるかわからないので、日頃から元栓の場所を確認しておくと安心です。お湯が漏れてきているようなら、給湯器の止水バルブを閉めてください。

次に、水が漏れて落ちてくる場所にバケツや雑巾を置いて、周囲に水が広がるのを防ぎます。水道管の破損箇所がわかっている場合は、防水テープなどを貼って応急処置をしましょう。

どちらも一時的な対処となりますが、これだけでも被害が広がるのをある程度防げます。

天井から水漏れする原因とは

天井からの水漏れには、いくつかの原因が考えられます。

水道管の破損

経年劣化や冬場の凍結で水道管が破損し、水が漏れているケースです。大きな地震の直後などに水漏れが起きた場合も、水道管の破損が原因と考えていいでしょう。水道管の破損が原因の場合は修繕しない限り水が漏れ続けるので、早めの処置が必要です。

屋根や外壁からの雨漏り

屋根や外壁の亀裂から雨水が入り込んで水漏れしているケースです。雨の日になると水漏れが起こるという場合は、屋根や外壁をチェックしてみてください。

上階での水道トラブル

2階にトイレや浴室が設置してある戸建てなどで起こるケースです。排水管からの水漏れや、浴室の場合は浴槽やタイルのヒビ割れによって階下に漏水してしまうことがあります。
集合住宅の場合は、上階で水が漏れている可能性があります。水漏れに気づいたら直接上階を訪れるのではなく、管理会社に連絡をして対応を協議するといいでしょう。

天井の水漏れを放置すると

シロアリやカビが発生する

天井から漏れた水が床下に流れ込むと、地面が湿気を含んでシロアリが好む環境になってしまいます。床下からの湿気は室内にも及ぶため、床や壁、天井などにカビが発生する原因にもなります。

建物の耐久力が落ちる

構造材や下地材に水分が浸みこむと、腐食や劣化が進行します。木造住宅の場合は腐食が激しくなるので注意が必要です。構造材や下地剤が腐ると耐久性が低下するため、小さな地震でも倒壊する危険性があります。

漏電が起こる

天井から漏れた水が電気配線やコードの隙間に入り込むと、漏電を引き起こすことがあります。絶縁不良で壊れた家電は、買い替えなければいけません。漏電ブレーカーが漏電を感知した場合は、電気回路が遮断されて停電が発生します。この停電は専門業者による修繕が完了するまで復旧しないため、日常生活に大きな支障をきたします。

家具や内装への被害

水漏れは室内の湿度を上げるため、湿気によって壁紙が剥がれたり、家具の裏にカビの塊が発生したりします。湿気が原因で起こる被害は目に見えにくいので、「気づいた時には取り返しのつかないことになっていた」というケースも少なくありません。

天井から水漏れしていたらプロに依頼しよう

天井からの水漏れを発見したら、元栓を閉めるなどの応急処置をしたうえで、すぐに専門業者に連絡しましょう。

天井からの水漏れはさまざまな原因で発生しますが、発生個所は水道管や屋根、外壁などになるため、専門的な知識がなければ修繕できません。

ご自分で修理を試みたり天井を剥がしたりすると、水漏れの範囲が広がり、壁や床にまで被害が広がることもあります。

被害を最小限に食い止めるためにも、天井からの水漏れに気づいたら、できるだけ早く専門業者に修理を依頼してください。

まとめ

今回は、天井から水漏れが起こる原因や対処法についてご紹介しました。

天井から水漏れがする原因は、主に3つあります。

・水道管の破損
・屋根や外壁からの雨漏り
・上階での水道トラブル

天井からの水漏れに気づいたら、まずは水道の元栓を閉めて被害の拡大を防ぎましょう。破損個所がわかっている場合は、防水テープなどによる応急処置も施してください。集合住宅の場合は、管理会社に連絡をして対応を協議しましょう。

水漏れはカビやシロアリの発生や漏電の原因にもなるので放置は厳禁です。ただし、修理には専門的な知識と技術が求められるため、ご自分でなんとかしようとせず、専門業者に相談をしてください。

ご相談・お問い合わせ窓口

床下、給水管や排水管などお住まいに関する不安がありましたら、お気軽にご相談ください。しつこい営業は一切しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

画像

関連記事一覧